原子歌唱WMA MP3  戻る
杏樹歌唱
安住哲郎 作詞
板見信一 作・編曲
春海さとる 挿絵
原子兼義 歌唱

西山杏樹 歌唱
    津軽の海

舵取る板子(いたご)の下は地獄
飛沫の華咲く北の海
牙を剥くから いつも 
あんたの無事を祈ってる
津軽海峡
波止場も凍てつく港町
北の漁場の荒なみ越えて
戻るあんたを待ちわびた 
あたしの肌が恋しがる

吹雪が泣いてるこんな夜(よる)は
しばれる身体が気がかりで
お酒温め じっと
あんたの船を待っている
雪の海峡
かもめが津軽の春を呼ぶ
旗は大漁自慢の船で
帰りゃあんたを火のような 
あたしの胸で抱いたげる

津軽最果て
男が命をかける海
波と暴れて帰ってきたら
あんた死ぬほど抱きしめて
あたしは夢の舟をこぐ