戻る

歌唱:朝霞 生

 いくじなし    
           松風 良 作詞
           朝霞 生 作編曲

わたしのいけない癖
誰よりも好きなのに
あなたを愛してると
どうしても言えなかった

あなたの気持分かっているの
痛いほど わたし
もっと若いのならあなたに抱かれたい
この躯(からだ)こわれるほどに


あなたの胸の中で
炎(ひ)のようなくちづけに
激しく悶えながら
愛されて燃えたかった

年上だってあなたはいいと
言うけれど わたし
いつか別離の日が来るのがこわいのよ
馬鹿なのねいくじがないの


泣きたいほどに あなたが好きよ
切ないの わたし今夜夢でもいい
死ぬほど抱きしめて
この躯こわれるほどに

この躯こわれるほどに・・・